2007年09月25日

第百五十九回「俳人meets紙芝居」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 というわけで、前回も書いたように高円寺の公園で紙芝居をやってきた。

 いわゆる吟行というやつで、たとえばよくあるのは神社仏閣・景勝地に行ってそこで出来た句を句会に提出するのだが、お誘いいただいた句会では、普通の吟行では行かないようなところへいったり、普通やらないような企画を毎回しているようで、前回は「かったくり」釣り(いわゆる釣竿をつかわず、糸を直接手で持って釣る)を体験したのだそうだ。

 で、今回は紙芝居。それも公園でやる。観客は句会参加者だけではなく、基本的には誰でもOKとなる。

 最寄駅に集合して、ゾロゾロと公園へ。ちょうど保育園の園児たちが遊んでいた。

 「これから紙芝居をやるからよかったらご覧ください♪」

 と声をかけたら前列に元気な園児たち(年長さん)が集まってくれた。このくらいの年齢のお子様をこれだけの数前にするのは久々だったので非常に楽しかったのだが、最初にやったクイズも次にやった「黄金バット」も、ちょっと難しかったかもしれない(黄金バット悪者みたい〜としきりにいっていたw)。

 「黄金バット」の後でお昼を食べに園児たちが帰っていってから、もうひとつ「少年放浪記」をやった。これは肉筆紙芝居(原画)なので、そのあたりの説明もしつつやったのである。こちらも上演は久々で、でも青空(当日は暑いくらいだった)の下、なかなかよい気分でやることができた。

 昼食をはさんでいよいよ句会。ボクは初体験で、一応大体の流れは話には聞いていたものの、ドキドキものだった。一人五句提出。もちろん、今日の紙芝居以外の句でもよいのだが、やはり出された句は紙芝居のことを読んだ句が多かった。ボク自身は、自分が上演した、ということもあるがなかなか紙芝居自体を詠むことが出来ずに、見ているお客さんの姿や、紙芝居のおともに用意された水アメのこと、上演後に子供たちに太鼓を叩いてもらったときのことなどを詠んだ。

 参加者全員が句を出すと、選句をする。ビギナーズラックで、ボクの句は五句中四句選んでいただいた。

 他の方の句を読んでいて改めて認識したのは「運命やいかに」といういわゆるお決まりのセリフである。「続きは明日のお楽しみ」というのはもう飽きるくらい色んなところでいっているわけだが、「運命やいかに」は続き物のラストで必ずいっているはずなのに、上演中以外は「紙芝居」に関連した言葉として頭に浮かんでこない。

 でもそれを改めて俳句の中で拾い上げてもらうと、とても新鮮な驚きがあった。

 そうそう、オレこんなこといってるなあ。

 そんな風に思ったのだ。今更すぎるほど今更なのだが。

 でも実はとても重要な「気付き」だったのではないか、と句会の興奮冷めやらぬ今、思っていたりするのである。

 ……

 さて、三年間にわたりダラダラ駄文で毎週お目汚しをしてきたこのコラムも今回が最後であります。毎週毎週締め切りギリギリでスタッフの方にはご迷惑をおかけしました。この間、インターネットラジオやったりテレビや雑誌に取り上げてもらったり、色んなことがありました。これからも色んなことがあるでしょう。

 もし今後、直接お会いするようなことがあったら小声で「コラム読んでました」といってください。どんなに偉そうな顔でふんぞりかえっていてもたちまち赤面してうつむいてしまうでしょうw

 本当に長い間、ありがとうございました。

 最後も、この言葉でしめたいと思います。

 つづきは明日のお楽しみ!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。