2007年05月15日

第百四十回「軍神の母」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 昨年ネットオークションで入手した戦時中の印刷紙芝居「軍神の母」をようやく上演することができた。実は手に入れたといっても完全版ではなく、前半のみのものだったし、絵柄も物語も地味ではあるし、これをどうやったものか、ちょっとよいアイディアが思い浮かばなかったので、何となく部屋の隅に置いておいたまま、日にちばかりが過ぎていってしまったのだ。

 タイトルにある「軍神」とは、この物語の場合正しくは「九軍神」のことである。第2次世界大戦での日本軍による真珠湾攻撃の際、特殊潜航艇に乗船して命を落とした9人の軍人の功績をたたえ、彼らは「軍神」と称されるようになった。

 紙芝居「軍神の母」は、その九軍神のうちの一人「上田定兵曹長(死んでから2階級位があがったので兵曹長)」の生い立ちを描いたものである。

 広島の農家に生まれた定少年は、成績優秀なために教師から中学校へあがるよう薦められる。父親は働き手としての彼の力をあてにしていたのだが、母親は自分がその分働くので上の学校へやらせたい、といい、定少年は中学校でも学業に精を出すこととなった。母親は文句もいわず、朝から晩まで働くのだった。そうして、中学卒業を迎えた定少年は、「今までウチの中学から軍人になった人間はいない。ボクはぜひお国のために海軍にすすみたい」と両親に手紙で訴えるのだ。

 困惑する父親に、「あの子は今まで間違ったことはひとつもしていません。だから、今回もあの子のやりたいようにやらせてあげたい」と母は力強くいう。定少年は、晴れて呉の海兵団に入ることとなる。

 ボクがオークションで落札したのは、ほぼここまでの話である。

 先日、急に思い立ってこれを上演してみた。上演前に、簡単にこの紙芝居の内容(印刷紙芝居であり、軍事美談であること)に触れて、あとは自分の好きなようにオカズ(アドリブ)を入れてみた。

 すると、意外と普通に出来たのだ。前半しかないことも、まるで「続き物」の紙芝居のようなヒキのテクニックが使えて逆によかった。また、地味だと思っていた絵も、これはこれでなかなか味わい深いらしく、お客さんの反応も意外にあった。

 ボクはコレクターではないので、折角落札した紙芝居はすべて、内容にかかわらず、上演したいと思っている(もともと上演したいから落札して自分のものにしているのだが)。その意味では、今まで一度も出来なかった「軍神の母」を何とか上演できたことは、とても嬉しいし、以前一度だけやって(ボクの中では)玉砕した「肥料の施し方」にも、また挑戦したいと思っているのである。

 続きは明日のお楽しみ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。