2007年06月12日

第百四十四回「矢印はいろんな方向に向いていた方がよい」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 一応東京のはずれに住んでいるので、都内へはよく出かけるのだが、今まで新宿へは何度も行ったことはあっても新宿のゴールデン街へは一度も行ったことがなかった。知り合いが手伝っているお店もあって、いつかは……と考えていた。しかし、外で飲むこともすっかり億劫になってしまった。去年いった唐組のテント芝居はゴールデン街に隣接する花園神社だったわけだが、そこから足を伸ばすことはなかった。

 ただ、田舎のサブカル小僧としては「ゴールデン街」という響きには特別な感慨を抱いているのは確かである。作家や役者やその他有象無象の輩が夜毎飲みながら激論を交わす、そんな魑魅魍魎の聖地が、ボクのイメージするゴールデン街だった。

 そのゴールデン街に、先日初めて足を踏み入れた。

 まさに踏み入れた、という感じである。ゴールデン街にあるバー「流民」というお店で、「紙芝居を肴に飲む日」というイベントがあったのだ。残念ながら、仕事の関係で到着がギリギリになってしまい、ゆっくりあたりを散策(調査?)する余裕もなくお店に直行してしまったのだが。

「紙芝居を肴に飲む日」というのは、マツイ亭ゴジラさんという落語紙芝居を上演されている方の企画で、月に一度、落語紙芝居を3席ほどやるというイベントである。今月から正式に月いちでやることになったらしい。

 お店は、カウンターのみで約10席くらいだろうか、そのカウンターの奥に台を置いて、紙芝居の木枠をセッティングして、上演するのだった。マツイ亭ゴジラさんはカウンター内でお客さんのお酒を作りながら、時間になると出てきて紙芝居をやる。

 演目は「猫の皿」「千両みかん」「芝浜」の3席。

 絵の大きさはA4で、着色はされていない。絵柄は滝田ゆうという漫画家さんの絵を真似ているそうで、これが江戸時代の話によく合う。裏書はかなり忠実に落語を再現した文章が書いてあって、基本的にそれを読みながら、という形である。

 ゆったりとしたテンポで語られる落語紙芝居は、想像していたものとちょっと違った。もっと街頭紙芝居寄りなのかな、と思っていたのだが、これはかなり落語寄りの芸能だと思った。ゴジラさんによると、対象にする客層も「大人の、落語なんかが好きで寄席に行ったりする人」を想定しているらしい。

 テンポ的なことをいうと、「エシバイ」のエモリさんに似ているが、方向性はかなり違う。それはボクが理想とする紙芝居とも違う。だから逆に、とても刺激を受けたし、面白いと思った。

 もちろん、紙芝居といいながら絵に着色されていないのはちょっと残念だったし、長い噺だとダレ場がどうしても出てきてしまうといったところなど、気付いた点はあるが、同じく落語を元にした紙芝居をやっている者としては、非常に参考になるところも多々あった。

 そうして、なんと終演後にゴジラさんとお話をしていて、「紙芝居を肴に飲む日」に参加することになった。そのためには、今ある「後生うなぎ」以外に、最低2本は新作落語紙芝居を作らねばならず、気軽に引き受けたものの、ちょっとだけ後悔しているところである(上演すること自体を後悔している、というより、新作を期限内に作らねばならない、ということに、である)。まあ、一応候補のネタは4つくらい目星をつけたのがあるので、これから構成を考えようと思っているのだが。

「紙芝居を肴に飲む」ことは別として、ゴールデン街という場所にはまた行ってみたいと思っているところである。

マツイ亭ゴジラさんのブログ
「逆襲亭ゴジラ発信「おとなのためのゴジラ的落語紙芝居研究」のココロ」
http://blog.goo.ne.jp/matuiteigojira/

続きは明日のお楽しみ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。