2007年06月26日

第百四十六回「キャンドルナイト2007」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 先日のイベント「キャンドルナイト2007」は、「でんきを消してスローな夜を。」という言葉を掲げて同時多発的にさまざまな場所で開催されるイベントのようで、ボクが参加させてもらったIID世田谷ものづくり学校以外でもさまざまな形で実施されたものであるらしい。

 IID世田谷ものづくり学校でのイベントは、朗読会やライブ、常設のカフェでもキャンドルのあかりのみで営業、と話を聞いただけでドキドキしてくるようなステキな企画が盛りだくさんだった。

 参加料は500円で、これは一人ひとりに渡されるオリジナルキャンドル代も含んでいるという破格のもので、基本的に予約制、ボクは今になって知ったのだが、開催前に予約分は終了していたらしい(限定300名)。

 昨年のイベントの状況から、お客さんはいろんな会場を回遊している場合が多いようで、実際紙芝居をやっているときも人の出入りが(それほど気にはならないが)少しあった。ただ、ほぼやっている間中満席状態だった(立ち見の人もいた)ので、ランタンと人の熱でちょっと暑かったのが気になったくらいだ。

 そうして、このイベントでボクがご一緒させていただいたのは、江戸紋きり型の本を出版された下中さんという方だった。江戸紋きり型とは、もともとは家紋の切り絵型だったらしいが、遊びごころ満点の江戸の人の手にかかって色々な図案が編み出されて、おまけにそれを影絵として遊ぶくらいに発達したいわゆる「芸」であるらしい。

 特に面白かったのは、棒の先のキツネの影絵が、ほんの少し棒を回すと女の人の姿に変わるものだ。これは見ている人から大きな歓声があがるくらいシンプルだが素晴らしいものだった。初期紙芝居の立ち絵の影絵バージョンともいえる(もちろん、紋きり型の方が歴史的に古いのではあるが)。

 また、イベントが終わって片づけをしているときに、その影絵のお手伝いをされていた方から、「昭和のくらし博物館」というこれまた興味深い施設の話を聞いた。古民家をそのまま生かしたという博物館の建物だけでもおそらく(いや、絶対に)見る価値はあるだろう。その方は、以前深川の図書館で肉筆紙芝居を借りてそこで上演させてもらったこともあるとか。
 
 深川の図書館に肉筆紙芝居がある(らしい)ということもそうだが、昭和のくらし博物館でそういうイベントも出来る、ということも驚くべき情報だった。

 この出会いはとてもよいものだった。IID世田谷ものづくり学校のスタッフの方々は、下北沢でのライブを見てオファーをいただいたのであるし、そのARTISTはもともと知り合いが出演していた縁でお世話になるようになったのだ。そのほかにも、本当にいろいろな方々と出会うことでボクの活動範囲はどんどん広がっている。思えば本当によい出会いをしてきている、とわれながら思う(ただ、それを生かしきれていない自分が歯がゆいのではあるが)。

 とりあえず近々にうちに、昭和のくらし博物館に行ってこようと思っているのである。

 そんでまたこのコラムでご報告したい、と思う。

 IID世田谷ものづくり学校
 http://www.r-school.net/cld/

 というわけで、続きは明日のお楽しみ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-01 06:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。