2007年09月03日

第126回『アナタにふれたい』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 遠い遠いむかしのヒトビトは、今の我々のように“コトバ”というモノではなく、もっともっと極めて“カラダ“に近いところで通じ合っていたという。

 確かに「原始人の真似をして下さい」といわれたら、大概のヒトが「ウホウホ」とかなんとか訳のわからない音を発しながら、アノ肉を食べるフリをしてみせるに違いない(しかしどうしてアノ肉は“アノ肉”という言い方で流通しているのだろう)。とにもかくにも流暢にしゃべっている原始人は見たコトがない。

 いつの頃からかヒトはコトバのみを頼りにして、そこから得られる情報だけを鵜呑みにし、相手をさも理解したような気になってしまっているようだ。
 話を聞いてもわからないから、より一層コトバを求めて闇に迷い込む。ホントウの相手にふれるコトができるのは、いつになることだろう。

 新しい舞台の稽古がはじまると大抵“自己紹介”をさせられるが、往々にしてつまらない。なにせ知らないヒト相手だ。うわべだけでコトバを発して「大阪出身の中野です。31です。お肉が好きです。」みたいな情報しか提供できないので、聞くがわもあんまりテンションが上がらない。

 そこでもっと深く相手を知るために、「何回も何回も“自己紹介”する」というのはどうだろうか。
 何回もまわってくると、そのうち手持ちの“当たり障りのない情報“がなくなってくる。すると徐々に、例えばイマ気になっている話題や嵌っているモノのハナシに移行してくる。

 共通の話題ではないので、どんどん抽象的なハナシになってくる。さらに何周も自己紹介をする。どうでもよい、なんだかわけのわからないハナシになってゆく…。

 そうしているうちに“コトバ”があいまいで、この“なんだかわけのわからないハナシ”から、相手をなんとか理解しようと“カラダ”全てが相手に向かうようになってくる。こうなってくると、なんだか会話するのが面白くなってくる。 

 大概どこでも最初は“自己紹介“からだ。いつものやり方にひと工夫加えて、深いところで触れてみてはどうだろう。

 最後に。こういうコラムを今回書いたからといって、“コトバ”を粗末に扱ってよい、と言っているのではないコトだけは特記しておきたい。“コトバ”は単なる、コミュニケーションツールではないのだから。
この記事へのコメント
 何回も自己紹介する、というのは面白そうですね!少し主旨が違うかも知れませんが、わたしは初対面の人どうしというよりもごく身近な友達や家族とやってみたくなりました。
初対面ではゼロから始まりますが、身近な人々はある程度自分なりの”その人”があると思います。なのでその人に対する思い込みや決め付けが全然違っていたりして意外と楽しめそうな気がします。・・・・・してきた。今したい、誰か!今!(笑)
Posted by みつ at 2007年09月04日 20:27
つまらない自己紹介の人は多いですね。
たとえば私の会社では、その場の全員が順番に名前だけ言って行くケースがあります。
覚えられないでしょ、普通。
自己紹介するほうもされるほうもつらーい空気が漂います。
コトバも気持ちも伴ってないので最低です。
大の大人が照れてる場合か!と思います。
そういう人たちに「何回も自己紹介」を、出来るまでやらせてみたいです。
Posted by あまいもんずき at 2007年09月04日 22:44
それ、面白そうですね。なるほど、と思いました。みんなでやる”自分と向き合う瞑想”みたいネ。 今はまっていることやものって、聞かれたときに思い出せないことが多くて困り勝ち。思い出せたとしても、初対面の人に全く正直に話すには、結構勇気が要るかな、私の場合。 それぞれのペースを尊重しつつ楽しくやると、かなりいいかも。 
Posted by まりちゃん at 2007年09月05日 09:04
みつ 様

 身近なヒトとやるのも面白そうですね。

 何だかんだいって、ジブンだけの時間を与えられてジブンのコトを語る機会というのは、そうそうないものなので、予想外のとんでもないエピソードが繰り出されるかもしれませんね。

 おおお!私もなんだかやりたくなってきました。い、いまだ!いま!宴じゃ!宴を開くのじゃ!!


あまいもんずき 様

 あーーー、はい、自信を持って言いますが、覚えられません。なんだかその空気、伝わってきます。
 
 こう、シーーンとしてるんでしょうね。で、余計に緊張してしまって、ジブンの名前なのに噛んじゃう奴が出てくるんです。
 で、これじゃいかん!と思ってデッカイ声で自己紹介してみたものの、後に続かないという…。

 だったら、もう、「名前鬼」して遊んだ方がいいですね。


まりちゃん 様

 ああそうか。ジブンと向き合う事にもなるんですね。いま気づいた…。

 初対面のときにやって、また、2ヵ月後くらいにやって…と、たまーに思い出したようにやるのも良いかもしれませんね。そういう、ロングスパンでのペースも視野に入れれば、お互いの変化にも気づくチャンスが出来ますよね。
Posted by 中野菜保子 at 2007年09月05日 17:37
ご無沙汰しておりました。ほんとにめんごっ。

最近、私の職場にもピカピカの新人さんが入ってきて自己紹介を聞く&自分もする機会がありました。

職場という場の制限もあるのか、お互い当たり障りのなさ全開のつまんないことを言って終了。
こうなるとやはり、自分からその人に興味を持って知ろうという心意気が大事なのかも。

というわけで今日から一ヶ月の間、新人に対して3回も行われる歓迎会にすべて出席することになった私。
(他のメンバーは微妙に違う)

ここまですれば、来月には少しはわかりあえているといいな。
何回も何回っも自己紹介の技、これを使って奴の正体暴いてやります。
やばい、自分も暴かれるか(笑)
Posted by ともこ at 2007年09月06日 13:09
ともこ 様

 どもどもご無沙汰です。

 この時期に新人さんが入ってくるなんて、なんだかアメリカンですね。タイムリーな話題でよかったです。

 しかし、入って早々歓迎会が3回も…。それ絶対毎回自己紹介してみて欲しいです。
 ていうか、別にホントウの事ばかり言わなくても、ウソの自己紹介でも構わないと思いますけどね。どんなウソをつくのか、それも見所ですね。
Posted by 中野菜保子 at 2007年09月06日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

京都府 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 京都府 - 直あど交換所
Tracked: 2014-04-20 06:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。