2007年09月17日

第128回『やってごらん』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 いつだったか、入社してまだ間もなかった友人が、困り顔でこんなハナシをしてくれた。「極力コストが安くて、いい企画を考えろって言われちゃって。全くアイデアが浮かばないよ。」
 
 入社して間もないのに、やはり世知辛いのだなあと思っていたら、後日べつの友人がこんなハナシをしていた。「経費のコトは俺(上司)が考えるから、ともかくなんでもいいから面白いと思うコトは企画書つくってみろって言われて。くだらないコトばっか思いつくよ(笑)」

 なんだヒトによりけりなのか。先の友人はとんだ上司に捕まったもんだな、と思った。親や教師・上司は選べないから厄介だ。

 入社して間もない社員に金の心配をさせるなんて、かなり勿体無いコトである。若くてアタマの柔らかいうちに、誰も思いつかないような発想で売れる企画を立ててもらったほうが、よっぽどか金になる。

 ヒトは何かに縛られるとココロもカラダも緊張してしまい、物事がうまくいかなくなるコトが多い。「〜せねばならない」という人間ばかりが増えると、なんにつけても潤わなくなってしまう。

 ワタシの恩師のしかた先生は、演出をする場合ワタシに対して常に「好きなようにやってごらん」と言っていた。ワタシは責任のある自由を存分に謳歌した。それでも未熟な部分は、しかた先生が責任を持ってくれていた。だからワタシの演出のやり方も、やっぱり「好きにやってごらん」なのである。

 好きにやらせる、というのは責任をもたない、というコトではない。

 上司がちゃんと責任を持ってくれると感じると、かえってしっかりやろうとするのが人間の心理と言うもので、結局“くだらない企画書“は”いい企画書“となって、友人は会社に大いに貢献したようだ。 

 責任の所在をはっきりさせ、安心して発言できる環境を作るのがいいアイデアを効率よく出してもらうための第1歩ではないだろうか。
この記事へのコメント
 私のことではないですが、就職活動中に地元のコンビニチェーンの採用試験で「新企画」の提案があったそうです。

 受験した当人は不採用で、企画だけは後に採用された話を聞きました。

 この件に関わらず、企画とか物事、事例を生み出すのに、最初から規制をした場合、自由な発想も窮屈なものになりがちですよね?そう感じます。「責任を持たなきゃいけない」が真っ先に来るからそうなるのでしょうか?

 できるできないは別にして、自由な発想、数多くのアイデアを受け入れてもらえたらなってよく思います。
Posted by ろゐど君 at 2007年09月17日 22:29
ろゐど 様

 え!企画だけ後で採用?!なんだか、モヤモヤします!!

 就職した後で開発・企画したものに関しての権利は会社に帰属するよう契約書を書かされるところは多いようですが、採用されてないのに!

 優れたアイデア1つ、ぽんっと出すのはムツカシイですもんね。玉石沢山だして、いいモノを使っていくような受け入れ態勢だと、伸びやかでいいですね。
Posted by 中野菜保子 at 2007年09月18日 21:53
自慢話
私の今の上司はすばらしいです。
 部下を信頼して自由にやらせてくれます。もちろん結果に対しては責任もってやれとは言います。途中で妥協させてはもらえず、最後までやり遂げるように指示しますが、しっかり相談にも乗ってくれます。
 上司にお願いがあっておそるおそる伺いに行くと、
「おお、小せぇ事言うな。」
と言って聞きいれてくれて、あとの責任はキッチリとってくれます。もちろん規則の範囲内でですが。そのお願いがあまりいいやり方でないと判断した場合でも、聞き入れてくれたうえで、「次からはこうしろよ」とアドバイスをくれます。
 さらにすごいのが、管理職としてのプレッシャーを部下に微塵も感じさせず、屁で場を和ます憎めないキャラ。
 我々部下からも「○○さんのためなら今月何が何でもがんばろう」という言葉が自然と出てきます。好き勝手やるのではなく、自分たちで目標や秩序をもって仕事が出来ます。
 いつか移動で離れてしまう上司ですので、いまこの恵まれた環境を無駄にしないようにせねばと思います。
Posted by くにえ at 2007年09月20日 23:52
くにえ 様

 そのオナラは無臭ですか?有害であればすべてが帳消しですよ。

 というのはウソです☆いいですね、そういうヒトにめぐり合えたということは、これからくにえさんが上司になった時に大いに役立ちますもんね。

 ちなみに、オナラが無臭の場合、ストレスで沢山唾液と空気を飲み込んでいる恐れがあります。
 体の害はないけれど、そう、沢山オナラがでるのです。無臭であれば、ストレスに耐え、皆さんが安心して働ける環境にしてくださっているというコトです。羨ましいです。
Posted by 中野菜保子 at 2007年09月21日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55670995

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。