2007年08月21日

第百五十四回「見世物稼業」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

「見世物稼業 安田里美一代記」は、つい先日読み終えた聞き書き本のタイトルである。

 人間ポンプとして全国を巡業、テレビでもその芸を披露した安田里美さんの語る大正・昭和の芸能史でもあるこの本は、ボクたちの世代でかろうじて生で見た記憶を持つ「見世物小屋」に携わる人々の興味深い話が満載で、一読巻おくことあたわずというべき大変面白い本である。

 見世物小屋……

 地方のお祭り、神社の縁日などで仮設舞台を作り、入り口で賑やかに口上を述べてお客を呼び込む。舞台の上で繰り広げられるのは、奇術や芝居や因果物の見世物(クモ娘、カニ男などなど、それには仕掛けがあるもののほかに、先天的な体の部分の欠落・変形などをネタにしているものもあった)、気合術(腕に針を通したり、目にボタンをいれてそれに紐をつけ、バケツを回したり)、そうして人間ポンプ(碁石を呑んでお客さんのいうとおりの色を出したり、金魚を飲んで糸の先につけた針で吊り上げたり、ガソリンを飲んで火を吹いたり)などなど。犬や猿を使った芝居もあったそうだ。

 そのほかにも、タカマチ(縁日)に立つ同じような仮設舞台にはサーカスやお化け屋敷、ノゾキカラクリなどもあった。安田さんはそんな出し物にも参加したことがあるという。

 こういう見世物芸には以前から興味があったのだが、今回この本を読んでびっくりしたのは、入り口で行う呼び込みの重要性だ。お客さんが多いとき少ないときによって、小屋の中で演じている演者と入り口の呼び込み役が呼吸を合わせてお客さんの入れ替えを調整したりするのだという。

 特に呼び込みのタンカ(口上)は、著者が安田さんの語るそのままを文字に落としているのだが、それを読んだだけで頭の中に浮かぶのだ、朗々と切々と飄々と口上を述べ仮設舞台の入り口付近に集まる人々を誘う安田さんの姿が。(それはたぶん、著者である鵜飼正樹さんと安田さんの絶妙な距離感が文章の端々から感じられて、魅力的な本になっているのだと思うのだけれど、それはまた別の話なのでここでは詳しく触れない)

 全国に沢山あったこうした興行団体は、今では一つくらいしかないそうだ。東京では靖国神社や花園神社などのお祭で見ることができる。

 平成の今の時代に、大正・昭和の見世物小屋をそのまま復活させることができるとは思っていないが、劣悪な舞台の下、間近に迫るお客さんの厳しい(そして冷たい)目に鍛えられたその芸能は、今の時代にこそ必要なものではないか、ボクは思う。

 つづきは明日のお楽しみ!

2007年08月20日

第124回『ミセタイノハアナタ』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 お仕事で東京から愛知に芝居仲間が来たので、ささやかな観光のつもりで私が住んでいる地域のテーマパークへ案内した。花火を観るためである。
 夜空に咲く色とりどりの火薬の花は、スモークやレーザー光線そして森のシルエットなどと絶妙なバランスで、瞬間的に1枚の絵画のようにココロに届いては消えていく。

 花火を観て幸福なキモチになりながら、テーマパーク内の植物園のようなところへ入っていった。園内をひと通り歩いて、階段を登り、植物園を一望できるテラスへついた、筈が…。

 建物の構造上、天井を支えるために植物園のど真ん中、手前と奥に2本、かなり太い鉄柱がそびえたっており、全く一望できない。折角のテラスもチカラを発揮できず、無駄に張り出しているのみだ。 

 テラスを作って全体を見渡せるようにしたいのであればその様に設計すべき(植物園そのものの形も他の形でもよかったろうし、鉄柱も分解できる)で、こういったあたりに詰めの甘さというか、サービス精神のなさを感じる。使う側のコトが考えられていない。

 こういうことは至る所で見られるもので、芝居でも観てくれるお客さんのコトよりも、創り手の都合による見辛さやサービス精神の欠如が見られる場合がある。
 ジブンの「楽しい」を優先し、観る側の「楽しい」を二の次にするのはもってのほかだ。

 それを誰にどのように、どんな目的で使って欲しいのか、みせたいのか。プロならばそのキモチありきでモノは創るべきである。

 …そういえば、花火を見ているトキ、彼はワタシを観やすいところへ立たせて、自分は私の後ろに立ってくれていた。彼はステキな役者であり、ステキなヒトだ。

 そう、そういうコト、彼のようなそういうキモチが大切なんじゃないかと思うのである。
 夏も終わりに差し掛かり、ふとモノをおもう花火である。

2007年08月14日

第百五十三回「ちしゃ医者」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 新作落語紙芝居「ちしゃ医者」が完成した。先日の「犬の目」に続いて、短い間に二本も新作を作ったことになって、正直そのことに一番驚いている(自分で作っておいて驚いていたら世話はないのだが)。

 「ちしゃ医者」はもうずいぶん前に故・桂枝雀さんの高座で聞いた噺である。藪だけれど人のいいお医者さんが主人公で、夜中に隣村の老人が危篤状態になり、急遽駕籠をあつらえて出かけるのだが、その途中で老人が亡くなったという連絡が入り、駕籠の先棒を担いでもらっていた隣村の使いの人間も行ってしまい、仕方なく先生と助手が空の駕籠を担いで帰るのだが、どうにも間の悪いことが重なったあげく、ついには……という噺で、枝雀さん独特のジェスチャーを交えた楽しい高座だった。

 ちなみに、「ちしゃ」とは、日本レタスとも呼ばれる野菜で、サラダやハンバーガーでお馴染みの玉レタス(いわゆるレタス)とは違うものだ。

 さて、この「ちしゃ医者」だが、原画が出来上がった段階で一度さらっと流してやってみた。もちろん、細かい部分は上演台本通りではないが、それでも今までの2作とは違って台本にない部分の知識がより必要だということを痛感した。

 たとえば、藪医者よりもランクの低い医者を「雀医者」と呼んでいるのだが、それは「雀は藪を目指す」から、という意味合いでそういっているらしいのだ。が、そのこと自体は特に噺の中で説明はない。また、「お手水屋」という職業(といっても、農家の人の副業)が出てくる。これはわかりやすくいうと、「し尿処理業者」ということだが、現代の業者と違って集めた糞尿を肥料に使うのである。そうしてそのお礼に、育った野菜を持ってくることもあるそうだ。

 そういう、「知っていたらより物語を楽しめる知識」というのは、積極的に調べて噺の流れを壊さない程度に入れていった方がよい、と思っている。もちろんそれは「ちしゃ医者」だけではない。「後生うなぎ」では、仏教用語としての「後生」の意味や、江戸前の「うなぎ」についての知識だとか、「犬の目」では手術シーンがあるから「麻酔」のことなど、直接噺に関係するとか、それがないと困る(噺がわからない)ことではないが、背景として(少なくとも)演者は知っておいた方がよいことは、いくらでもあるのだ。

 そうして、「第3回紙芝居を肴に飲む日」もいよいよ今月25日(土)に迫ってきた。落語紙芝居だけのイベントというのは初めてなので、非常に緊張しているのである。

 つづきは明日のお楽しみ!

2007年08月13日

第123回『魅力的なわけ』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 そらがとても広くて陽射しがまぶしい。生暖かいような冷たいような風が吹いてきて、潮の香りがする…。そうか、ここは海が近いのか…。
 イベントの仕事場が海辺のリゾート地にあるので、初めて職場へ赴いたときに、そんな風におもった。

 現地までは電車とバスを乗り継ぐ。同じバスには水着や浮き輪などを持った一般のお客さんも乗っていて、皆、これから待ちに待った夏をおもいきり満喫するのだと言わんばかりに、瞳をキラキラさせて友達と談笑している。

 現地に着いたらついたで子供からオトナの女性までビキニ姿で大はしゃぎしているのが目に飛び込んでくる。皆とてもキラキラ輝いて見える。

 どうしてこう、海辺やら水辺というのは魅力的にみえるのだろう。水しぶきを上げて水面に突っ込んでいく絶叫マシーンを見ながらそんなコトを考えていたら、ふとあることに気づいた。

 状況としては、非日常である、というコト。芝居を観に行ったりコンサートに行ったり…そういういつもと違ったコトをやっているコトによる、興奮状態であるコト。

 また、大概ミズで遊ぶひというのはピーカンな天気のことが多い。そうすると、太陽の光を水が反射して、カオやカラダに当たる。丁度、舞台の上の役者に照明が当たっているような感じだ。だからカオが白く飛び、大変美しく見える。雪山でも同じことだろう。

 さらに、ニンゲンは興味のあるモノゴトを見たりやったりするときは、黒目が大きくなるそうだ。丁度、役者が舞台の上で水を得た魚のように芝居をやっているトキ、とても黒目がおおきくなる。黒い部分の面積が広いと、可愛く見える。

 こういった条件が重なり合って、みんな魅力的に見えるようになるに違いない。舞台役者が魅力的に見えるのも、少なからずこういう理由を含んでいる。

 海やゲレンデで出会ったヒトと、改めて町で会ってみたらたいしたことなかった、というのはよく聞くハナシだ。しかし逆にいえば、モテやすい状態でもあるわけだから、この夏、恋人の欲しいヒトは、ぜひとも水辺へ行ってみると良いだろう。

 それでもダメなら、試しに役者にでもなってみてはどうだろうか。

2007年08月07日

第百五十二回「納涼落語会」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 先日、地元の大学の落語研究会が主催する納涼落語会に行ってきた。

 実は秋にやはり地元のカフェで寄席イベントをやろうと思っていて、近所であるその大学の落研に声をかけさせてもらったのだ。都内にはカフェで落語をやるところもあるにはあるのだが、普通は寄席以外ではなかなか生の落語に触れることもない。落語がブームという話は聞かないでもないが、それはどこか遠い国のニュースのようで、今ひとつピンとこない。

 だからいっそのこと、自分でやってしまえ!というのが今回の企画の始まりであった。

 といっても、落語家さんに個人的な知り合いはいないし、何よりもろもろ経費をまかなうべき後ろ盾もない状態で、それでも「寄席的」なモノをやるためにはどうすればよいか、ない知恵を絞って考えた結果が「学生落語を巻き込めないか」というアイディアだった。

 学生落語といっても、現在第一線で活躍している噺家で大学の落研出身の人も結構いるようだし、どうしても「学生ナントカ」という呼称にはどこか一段下に見る気配(ニュアンス)があるものだが、若いころから「落語」という演芸に興味を持ってその上演じてしまうという人々がいるという事実は非常に素晴らしいことだと思う。

 納涼落語会は、今年の新入生三人を含めて六人がそれぞれ10分ていどの噺をやり、その他コントも一本、だいたい全部で一時間半くらいだった。意外と、というと失礼だが予想以上にちゃんとした語りっぷりにちょっと驚いた。

 今回のイベントは、地元でやるところに意義があって、なおかつできれば長く続けたいので、そのためのつながりも地道に作っておきたい。最初はそんな思惑もあった。でも、見終わって正直なところ、そんな自分の思惑はどうでもよくなった。とにかく面白いことが出来ればそれでいいのだ。続くか続かないかは、はっきりいえば内容とはまた別の問題で、それだからこそ面白くないモノなら続けてやる必要はない。そんな考えに変わってきたのである。

 寄席には、学生さんの他に、知り合いの芸人さんにも声をかけていて、ボクも落語紙芝居をやるつもりでいる。いつもは女性客多めで、ゆったりと過ごせるカフェで、どんな面白いことが出来るか、またまたワクワクしつつ企画を練る今日このごろである。

 つづきは明日のお楽しみ!

2007年08月06日

第122回『絶対に言わない』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 劇団M.O.P.の『エンジェル・アイズ』が絶賛稽古中だ。公演は8月25日(土)の京都公演が皮切りとなる。
 ということで、作・演出のマキノノゾミさんのおハナシをお伺いしてきた。インタビューの様子は、8月1日発行の演劇専門誌『Confetti』に掲載されている。

 『エンジェル・アイズ』は15年前に上演した西部劇の再演である。舞台で、西部劇だ。“西部劇っぽいもの”ではなくて“西部劇”を創るとなると、これはもうエライコトである。

 その見せ方についてアレコレ聴いていたトキに、とても印象に残ったフレーズがある。
 「エンターテイメントは要するに、ウソをウソだと絶対に言わないもの」

 例えば「ディズニーランド」にはホンモノの動物はいないし、何もかもがゼンブ作り物 ――ウソ―― であるのに、ランドを動かしている人たちは全てをホンモノとして扱う。その徹底ぶりがすごいから、お客さんも最初は照れくさい感じがしたとしても、度重なる非日常的なコトやモノに対して過剰に反応しているよりも、乗っかってしまった方が楽しめることに気づくのである。

 リアルだとか等身大だとかそういったもので表現するのではなく、徹底的にウソをつきとおし、想像力にうったえる。すると例えば、舞台上のただの床が荒野に見えてくる…。

 …ワタシの(コトバの)補足も入ってはいるが、概ねこんな風にとてもわかりやすく、チカラとココロを込めて話してくださった。

 ワタシ自身はコメディを創るにあたってある程度のリアリティは含ませておきたいタイプではあるが、「ウソをウソだと絶対に言わない」というそのコトその部分が、ワタシの考えている、「ポーカーフェイスでコメディを書く」というコトにとても似ているような気がしたのだ。

 笑いを取ろうとしておふざけでやっている(これはウソですよ、といってしまうことに等しい)コトが露骨に表れると、現実に引き戻されてしまう。かといって、あまりにリアルにやりすぎても笑いドコロがわからない。

 絶妙なバランスで創られた舞台は、抱腹絶倒間違いナシなのである。

 …そんなこんなでとりあえず、“馬”をどうするのかが気になるところだ。

2007年07月31日

第百五十一回「犬の目」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 すでに以前のコラムでも書いたけれど、来月末に新宿で落語紙芝居をやることになって、そのため新作が最低二本は必要となった。共演はこのコラムでも紹介したマツイ亭ゴジラさん。

 落語紙芝居のネタで今ボクの手元にあるのは「後生うなぎ」だけで、あとは何となく頭で考えているだけだったので、締め切りが決まってやっと尻に火がついたわけである。

 慌てて落語のネタを集めたサイトからいくつか候補を選んだ。

「元犬」、「ふたなり」、「犬の目」、「お血脈」、「死ぬなら今」、「半分垢」、「ちしゃ医者」

 で、その中から、

 「割と絵にしやすい」
 「落ちがわかりやすい」

 この2つのポイントから「犬の目」と「ちしゃ医者」に絞り込んだ。特に「落ちがわかりやすい」というのは大切で、あんまりにも地口に寄り過ぎると絵がうまくいかせない。理想的には「後生うなぎ」のようにある行為で落ちればいい(それだとその行為を絵にすればよいから)のだが、そんなに都合のよい噺はそうそうはない。

 そうして、内容的にもそうだが、何よりこの2つの噺は実際に聞いたことがあるという点も重要だった。

 まあ、どうせこのボクがやることであるので(笑)、ネタの完全コピーなど望むべくもない。ただ、テキストになったものを読むだけよりは実際に演じられているところを見ておいた方が自分がやる時にやりやすいのである。

 さて、噺が決まったので、早速作成にかかり、まずは「犬の目」が完成した。かなりシュールな噺で、もともとの落ちだとバレ噺(いわゆる下ネタ)なのだが、そこはサイトにあった別のサゲに変更した。

 イベントだけでなく、ラーメン博物館でもやりやすいように。

 というか、もうすでに一度やってみたのだが、なかなか反応がよろしく、ひとまず胸を撫で下ろしているところである。そうして引き続き「ちしゃ医者」の作成にかかっている。これもまた、完成したらまずラーメン博物館でネタおろしをやりたいと思っている。

 つづきは明日のお楽しみ!

2007年07月30日

第121回『ウソを突き通すというコト』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 イベントショーの仕事が入った。夏休みの間によくやっている、所謂子供向けのキャラクターショーだ。
 まだ1ヵ月以上イベントがあるのでささやかなヒントで申し訳ないが、“見た目はコドモ、頭脳はオトナ”な“名探偵”役をやっている。
 
 よくあるキグルミでも着るのかと思いきや、キャラクターの頭部以外は肌色のタイツのようなものを装着し、おなじみの衣装を着るだけで、ほとんどワタシの体型が丸わかりだ。身長はいいとしても、なんだか異様に腰の位置の高い“名探偵”となった。

 「明らかに誰かヒト入ってるやんか」と、幼少期のワタシはキャラクターショーに全く興味がないどころか、リカちゃん人形などの御飯事にすら興味がなかったので、こういう類のイベントへ親に連れて行って貰って喜んでいる同級生のキモチはよくわからなかった。

 そんなコトを思い出しながら子供たちの前に“名探偵”なワタシが現れる。園児たちは歓声を上げたり手を振ったりしてワタシを歓迎している。が、小学生以上になると、明らかにキョトンとした顔の子供がいる。

 そりゃそうだろう。期待していた自分のイメージとは異なり、明らかにヒトの肌じゃなさそうで衣装もフィットしていない、顔の表情も変わらなくて異様に腰の位置の高いヤツが出てきたのだ。子供だって絶句するだろう。

 「ごめんねごめんね…」と何故かココロの中でつぶやく。それでもワタシはウソを突き通さなければならない。“名探偵”お決まりの、ポケットに手をつっこむポーズやメガネに触れる仕草などを駆使して、なんとかキャラクターに徹するのである。

 しかしオモシロいもので、そうやっているうちに子供たちはこの“腰の位置の異様に高い名探偵”を、そういうモノだという風に受け入れだす。子供というのは根本的に、いろんなコトを素直に楽しむ能力に長けているのだ。

 「明らかに誰かヒト入ってるやんか」と思いつつ、「でも目の前にいるのは事実、“名探偵”だ」と考え方を転換するコトによって、その場の雰囲気を楽しんでいるのだ。
 これはとても、お芝居と似ている。というよりも、お芝居そのものの構図だ。

 ウソで固められた世界を私達はホンモノとして演じきる。創りこむ。ウソのつき方が徹底していれば、観客も「いっちょノってやろうじゃん」という気になる。その瞬間、ウソの世界は刹那的にホンモノの世界となる。

 受け入れる楽しさを知らなかった幼少期のワタシは損をしたかもしれない。

 ワタシのようなコドモを極力減らすためにも、日々キャラクターに徹する所存である。

2007年07月24日

第百五十回「蛇蝎姫と慙愧丸・感想」

yamasiro
廣島屋でキュ!廣島屋

 先日浅草・木馬亭で見た「蛇蝎姫と慙愧丸」の感想を書く。

 木馬亭のキャパは130人ということで、舞台もそれなりの大きさになる。前々回のコラムで書いたように、イベント第1部・森下さんの「黄金バット」上演のさい、紙芝居の大きさは通常のB4サイズではなくA3だった(なぜそういいきるかというと、黄金バットの前におたのしみクイズをやっていて、その絵は一回り小さかったからだ)。つまり広い会場版だったようなのだ。

 が、短時間で終わる「黄金バット」はそれでいいとしても、300枚以上ある「蛇蝎姫と慙愧丸」はそうはいかない。数年前四谷で見た「猫三味線」の上演のときと同じように、演者の横にある紙芝居をカメラで撮影しそれをプロジェクターで大画面に映す、という方法で対応していた。そして「猫三味線」と違うのは、舞台上手に音楽担当の榊原光裕さんがいて、物語の進行にあわせてシンセやギターなどを使って効果を出していたことだ。

 演者である神田陽司さんは、すでに仙台でも上演を行っているせいか、かなりこなれた様子で、休憩をはさんでたっぷり2時間語りつくしていた。素早く絵を引き抜いたり、じっくり語ったり、絵に(そして物語に)ツッコミをいれつつ、その緩急自在さは、やはり神田一門異色の講談師だけある。

 ただ、やはり本職の紙芝居屋でないということもあって、たとえば絵を半分だけ引き抜くだとか、そういう細かいテクニックが見れなかったことは残念であるが、これは通常の街頭紙芝居の上演にはない「まとめて上演」という方式には使いづらい技術なのかもしれない。

 そして、物語の方であるが。

「Dウィルス」というギミックを使い、舞台をあくまで仙台にこだわった(物語の発端も仙台・伊達藩、終盤のDウィルスによる大殺戮も仙台市内)展開も、無意味に広げすぎずにすっきりしてよかったと思う。といって、考え抜かれ隙間のないギチギチの物語ではなく、それなりに突っ込みどころのあるゆるい作りになっているところも面白い。

 できればこの新世紀紙芝居を、間近で、街頭でやっていたのとほぼ同じ状況でぜひ見てみたいと思うのだが……。

 続きは明日のお楽しみ!

2007年07月23日

第120回『さずかりモノ』

koramu2.jpg
劇団上海自転車主宰(拠点・愛知) 中野菜保子

 とある文学作品を短めのコメディに書き換えようと思案中である。カタイ話なので不謹慎にならない程度に、ポーカーフェイスでやらなければならない。

 狙いすぎてもつまらなくなるし、あくまで真面目でバカでおセンチなお芝居にしたいものだ、などと考えていると、いっこうに進まない。

 元のハナシはかなり前に読んだものなので、もう1度読み返す必要がある。が、資料は準備したものの、「読もうかな」と一瞬思ったところで「あ、ちょっと掃除でもしよう」となる。

 ひとしきり掃除したところで、「よし読もうかな」と思うと「…珈琲でも飲もう」となる。飲みながら読めばいいものを、他の雑誌を読んでしまったりする。
 飲み終えてしまい、「今度こそ読もう」というところで、今度はエアロバイクを漕ぎ始める。漕ぎながら読めばいいものを、やっぱり音楽を聴いてしまったりしていっこうに進まない。

 ワタシは受験生か。激しく自己嫌悪である。それでもまだ、「寝ている間に妖精さんが創ってくれているかもしれない」などと考える。可哀想な子きわまりない。涙がとめどなく溢れてくる。ハンケチが何枚あっても足りないくらいだ。

 …そういうコトで、書きあがるのには、というよりも書き始めるのにはもう少しかかりそうだ。ともあれ、以前にも書いたが(書いてないかもしれない)こういうものは“さずかりモノ“であって、天と地がひっくり返っても出来ないときはできない。

 そんなトキは美味しいものでも食べて、綺麗なベッドでグッスリ眠るに限る。そうすれば朝目覚めたトキに妖精さんが…

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。